中古の着物の査定はどんな方法があるの?

着なくなった着物はどうしますか?

着物にも色や柄など流行があります。着物を購入したものの、あまり着る機会がなくしまったままの着物をお持ちの方は売却を検討してみてはいかがでしょうか?まずは、自分の着物の価値を査定してみることをおすすめします。
着物の査定は着物の価値がわかる専門店に依頼することが重要です。査定を依頼する前に、シミや汚れ、色あせなどがないか着物の状態をチェックしてみましょう。着物は有名作家の作品や紬などの産地を証明する「証紙」があります。証紙は高額査定のポイントです。手元にお持ちの場合は捨てずに着物と一緒に保管しておきましょう。着物専門の買取業者では無料の査定を行っているところもあります。査定の方法や取り扱う商品は業者によって異なる場合があります。複数の業者に査定を依頼してみるのも良いでしょう。

3種類の査定方法から選ぶ

多くの買取業者は「持ち込み」「出張」「宅配」の3種類の方法で査定を行っています。「持ち込み」の場合は店舗に持ち込んで、目の前で査定を行います。「出張」は自宅に業者のスタッフが出向き査定を行います。「宅配」は着物を業者の店舗に送り査定します。それぞれ、時間や手間がかかるかどうかなどのメリット・デメリットがありますので、自分の都合に合った方法を選びましょう。
中古の着物はそのまま再販するほか、古い着物でも加工したりアンティーク着物として取り扱う業者もあります。帯などの和装小物も合わせて査定するところもあるなど査定に関する条件は様々です。査定を依頼する時は、事前に問い合わせてから依頼することをおすすめします。