着物の買取店を選ぶコツは?

「信頼」と「安心」がキーワード

着物には種類や素材が多く専門の知識が必要です。買取店を選ぶなら、着物の専門の知識を持ったスタッフがいるお店を選ぶことが大切です。査定の基準が明確なこともポイントです。
また、リサイクル商品など古物を扱うには「古物商許可証」が必須です。名刺やホームページなどに掲載されているかを確認してみましょう。実際に利用した人の口コミ情報のサイトなどで比較してみるのもひとつの方法です。買取店によっては価格がつかないような着物でも端切れ等にする販路を持っているところや、帯や和装小物を合わせて買取るところもあります。買取店の多くはホームページがあり買取方法など詳細や問い合わせ先が掲載されていますので、取り扱う品物も事前に問い合わせてみるのも良いでしょう。

買取方法で選ぶのもポイント

着物の買取は店舗への持ち込みもありますが、今は出張買取や宅配買取をしている業者も多いです。持ち込みの場合は、複数の着物や帯や小物などを持っていくのは大変だったり近くに店舗がないと利用しにくいことがありますが、実際に目の前で査定や説明をして貰えます。出張の場合は査定をする業者が自宅まで来て目の前で査定して貰えるというメリットがあります。ただし、出張エリアが業者によって違うので事前の確認が必要です。宅配の場合は持ち込む手間が省けることや全国どこからでも対応できるというメリットがあります。さらに宅配買取は通常より査定が高くなる傾向があります。
また、無料の一括査定や見積もり、キャンペーンを実施しているところもあります。着物の売却を検討しているなら、キャンペーンの期間中を狙ったり無料の査定を利用してみることをおすすめします。