タンスに眠ったままの着物の活用法は?リメイクできる?

着物を洋服にリメイクする時のポイント

タンスにしまったままの着物はワンピースやコートなどの洋服にリメイクすることができます。着物の生地や柄を活かして、自分だけの一点物に蘇ります。
リメイクする際に気をつけることは、生地の耐久性の問題です。年代物の着物は、あまり袖を通していなくても生地自体が劣化していたり、着用していた着物はお尻や袖、裾が擦り切れているか弱っている可能性があります。生地を引っ張ってみるなどをして、破けてしまうようならば洋服ではなく小物に作り替えることをおすすめします。また、リメイクしたい洋服のデザインと着物の生地の相性も大切です。好みにもよりますが、絞りのような柔らかい素材はジャケットではなくブラウスやチュニックするなどの工夫が必要になります。着物とレースなどの別の素材と組み合わせてドレスなどもステキです。

洋服以外にもリメイクできる!

着物に汚れやシミがあっても端切れとして活用できるので、小物や雑貨などにリメイクしてみましょう。
和テイストの日傘、帯なども利用してバッグ、柄を活かしてスマホケースやポーチ、アクセサリーも作れます。柄や素材の違いを組み合わせてパッチワークでベッドカバーやソファーカバーなども楽しみながらできるのではないでしょうか?正絹のストールは上品な感じで手触りも良く仕上がります。コースターは汚れることが予想されるので洗える浴衣や絣などで作ると良いでしょう。同じ着物から作っても柄の位置などが違うのでオリジナルの物ができます。手芸が苦手な方は、着物のリフォームやリメイクの専門店もあるので利用してみてはいかがでしょうか?