着物を買取ってもらう時のポイントは?

着物の状態を確認しましょう

着る機会があまりないけど、いつかは着るかもしれないとタンスにしまったままの着物はありませんか?子供の世代へ引き継ぎたいなど特別な事情がなければ良い状態のうちに売却するという方法があります。
一般のリサイクルショップで買い取ってもらうこともできますが、着物は専門の知識がないと価値をわかってもらえません。まずは着物の知識が豊富な買取業者に査定を依頼することをおすすめします。査定が高くなるポイントとしては、汚れやシミなどがない綺麗な状態であることが大事です。保管している期間が長くなると、着用した回数が少なくても色あせしていたり生地が劣化している場合があります。ホコリを払って虫干しするなどの日頃のお手入れが大切になります。

「証紙」があれば査定も高くなる?

着物や帯の証明書ともいえる「証紙」は産地を証明する大事なものです。証紙が手元にあるなら査定の際に一緒に出すと、すべての着物にあてはまるわけではありませんが高額査定が期待できます。有名作家の作品も高値で買い取りされます。
着物は、着用が目的としてそのまま再販されたり、リメイク品や端切れなどに加工されるなど、買取業者によって取り扱いが違います。古い着物や和装小物なども一緒に査定してもらえるか事前に確認してから依頼しましょう。無料の査定を行っているところもありますので利用してみるのもおすすめです。着物にも色や柄など流行があります。タンスに眠ったままの着物を整理しようと思ったら、良い状態のうちに早めに売却することを検討してみてはいかがでしょうか?