中古の着物は需要があるの?

中古の着物のメリット

着物は特別な日に着るものと思ってしまいがちです。最近は、習い事でも茶道や華道、日本舞踊などのお稽古をしている人たちが増えてきていますし、着付けの教室は着物の種類も必要です。高価な新品の着物よりもお稽古の時に気軽に着ることのできる中古の着物に需要が集まっています。中古の着物として売られているものは、多少の汚れがあったとしても、綺麗な状態のものが多いです。新品でなくても状態の良い着物をお手頃な価格で購入できるのは中古の着物のメリットといえます。
また、着物を着てみたいという着物に関心のある若い女性たちも多くなってきていて、着物に関係するイベントなどが人気です。着物の良さを見直す機会が増えてきているのも中古の着物の需要が高まっている理由にあげられます。

外国人にも人気の日本の文化としての着物

中古の着物の中でもアンティークと呼ばれる古い着物は独特の色合いや柄が特徴で、若い世代を中心にファッションに取り入れられるなど注目されています。汚れやシミも着物の風合いとして活かしたり、和風の小物や髪飾りに利用するなど幅広く活用されています。そして、着物は日本人だけでなく日本の文化に興味のある外国人からも来日した際のお土産に購入されるなど人気が高いです。また、観光などで日本を訪れた時には着物を着用してみる体験などのサービスもあり、着物の魅力を知る機会が多くなってきています。
中古の着物は、実際に着用することで活用され、リメイクすることで再利用もでき、そのままでも端切れでも着物を余すところなく活かすことができます。着物と併せて襦袢や帯、羽織なども需要があります。しまったままの着物があれば活用してみてはいかがでしょうか?